すのこベッド折りたたみのおすすめは?布団の湿気対策に

息子の部屋を片付けていたら、湿気がすごくてベッドの下がカビっぽくなっていました。ベッド下に分解した扇風機などいっぱい収納していたのに、これはヤバイと慌てて避難させました。

ベッドの下に収納できるのは魅力だけど、カビちゃったらダメダメですよね。

もともと息子の部屋は結露が出来やすく、冬場の湿度は80%超えというじめじめした環境だったので、ベッド下にいっぱい詰め込んだことが仇となってしまいました。

マットレスもカビっぽくなっていたので、マットレスを買いなおしてもいいのですが、湿気の多い部屋にベッドを置きっぱなしにすると、手入れも大変なので、ベッドを買い替えようかと思っています。

湿気の多い部屋に置くベッドのおすすめは?

雨の日や梅雨時期、冬の結露が多いときなど、湿気がこもりやすい部屋ってありますよね?換気をこまめにしても、机やベッドがたくさんあると湿気がこもってカビが発生しやすくなります。

湿気が多いとダニも繁殖しやすいですしね。プライベートが保てるからと息子の部屋にしたんですけど、きちんと湿気対策をしておかないと、体調悪くなりそう。

本当は、湿気が多い部屋は物を置かないようにして、天気が良い日は常に換気したり、除湿機を使ったりして、常に除湿を考えておかないといけないんですけど、さて、どうしたもんかなーです。

湿度の高い部屋で布団敷くとき

日中は布団を上げて空気の通りをよくしておかないと、カビやダニが発生します。こういう部屋は引き出しなどの収納付きのベッドはNGです。

すのこで通気性がいいものがおすすめです。

最初は↓こちらのすのこの上に布団を敷こうかと思ったんですよね。

折りたたみのすのこと布団だったら、移動も楽だし布団をどけて床や壁の拭き掃除もできますしね。だけど、これを息子にさせようと思ったら、面倒くさくて敷きっぱなしになるのかなーと思ったりして。

敷きっぱなしだと、今までと何もかわらないですからね。

で、↓こっちがいいかなと思っています。

こっちはキャスターつきの折りたたみベッド。通気性のいい桐すのこで、折りたたんだ状態に布団をかけて干すこともできます。

キャスター付きだから、ベッドを動かして掃除できますもん。こちらのほうが面倒くさがりの息子でもできそう。

息子の部屋のことでもあるので、本人の意見を聞きながら、決めていこうと思います。

関連の人気商品

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする