「ペットボトルで作るお茶」細長い緑茶ティーパックは我が家で大人気♪

夏休みも残りわずか。我が家の次男も部活で毎日忙しい。野球部なので、お茶は必須。

で、今日は我が家で大人気の緑茶ティーバッグをご紹介しようと思います。

500ml水出し茶が最大300本作れる細長〜いティーバッグ「ペットボトルでつくるお茶」

ペットボトルに入れやすく出しやすい細長い形状

お茶のティーパックって、ポット用のことが多いから、

いったんお茶ポットにティーパックを入れて、お茶を作る

ペットボトルに小分けする

そんな感じが多いですよね?

ペットボトルに小分けするのは、部活の応援などでお茶を凍らせるから。

わざわざお茶ポットで作らなくても、直接ペットボトルで作った方が効率がいいのでは?と思っていたけど、普通のティーパックはペットボトルに入りませんもん。

そう思っていたら、ありました!

これ、ティーパックをペットボトルに入れ、水入れてシャカシャカすれば完成!

ポイントは、水をペットボトルに3センチくらい入れてから30回~40回くらい、振ること。

「大丈夫?」って思うくらい、緑色にしちゃってください。その後、飲み口いっぱいまで水を足すので、大丈夫です。

遠慮してシャカシャカが足りなかったり、多目に水入れてしまうと、味が薄くなってしまいます。

小さい子がいるご家庭だったら、子どもたちにフリフリしてもらうと、喜んでやってくれますよ~

飲み終わって片付けるのも簡単!ペットボトルを下に向けて、振るように出したらすぽんとでてきます。

我が家は3~4年くらい、ずっと買い続けてます。緑茶好きで味にうるさい長男も満足のお茶です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする